日本のオンラインカジノとカジノ法案

当サイトから会員登録すると無料で遊べるボーナス(30ドル)プレゼント中!

ラスベガスやマカオは世界的に知られたギャンブル都市で、ポーカーやブラックジャック、ルーレットなどを楽しむことが出来ます。日本ではこういったカジノがありませんので、カジノ倶楽部ジャパン「カジクラ(CasiQura)」などのオンラインカジノでプレイすることしか出来ません。しかし、現在の日本ではカジノ法案が進められています。カジノ法案が成立されることで影響はあるのでしょうか。

日本のオンラインカジノとカジノ法案

ギャンブルは世界中で楽しまれていますが、その国が定めたギャンブルでなければプレイ出来ません。日本では競馬、競輪、パチンコ、パチスロなどがあります。しかし、ラスベガスやマカオではカジノがあり、そちらではポーカーやブラックジャック、ルーレットなどのカジノを楽しむことが出来るのです。日本ではそういったギャンブルが出来ませんので、本場のギャンブルを求めるファンは現地まで足を運んでいます。

しかし、ギャンブルのためにラスベガスやマカオまで行くことは大変ですが、そこで登場したのがオンラインカジノです。これは現地まで行かずとも本場のカジノが楽しめます。もちろん、賭博法があるので逮捕されるリスクがありますが、胴元であるサーバーを海外に設置しているので国内からでもプレイ出来るのです。

しかし、これは法の抜け穴を利用した方法ですので、グレーゾーンと言えるでしょう。ところが、現在カジノ法案が進められており、カジノ法案が成立することで影響を与えると考えられています。

カジノ法案成立によるオンラインカジノへの影響

カジノ法案が成立することで国内にカジノをオープンすることが出来ますが、これによるメリットはカジノでの利益だけではありません。カジノを含む統合型リゾート施設の建設を考えているのです。そのため、ショッピング施設、アミューズメントパーク、レストラン、ホテルなども建設されるので、これらからの利益も見込めます。

アジアを代表するカジノ都市と言えばマカオですが、それ以外にもこういったカジノ法案が進められており、中でもシンガポールは世界的に注目されています。シンガポールではカジノ以外にもショッピングモールやリゾートホテルを建設し、外国人観光客が訪れているのです。現在はカジノ法案が進められており、小樽、釧路、お台場、横浜などが誘致を表明しています。

シンガポールが成功したことだけでなく東京オリンピックもあるので、カジノ法案成立は現実的となっています。そのため、オンラインカジノの合法化への後押しとなるでしょう。

日本のオンラインカジノは合法化する?

現在のオンラインカジノはグレーゾーンという扱いです。そのため、完全に合法化するにはカジノ法案の成立が欠かせません。

カジノ運営をするのであれば不正行為防止策、ギャンブル依存症対策なども考える必要があります。そのため、オンラインが合法化するには、これらの制度が整備されるまで待つ必要があるでしょう。

政治家はオンラインカジノをどう見ているのか?

これはオンラインに限ったことではありませんが、政治家や国としてはデメリットのことも考える必要があります。それは、ギャンブルを行わないファミリー層への影響です。もちろん、カジノの営業形態にも決まりごとがありますので、ファミリー層に悪影響を与えることはありませんが、まだまだカジノに対してマイナスイメージを持つ方は多いことでしょう。

そして、問題となっているのがギャンブル依存症です。パチンコやパチスロは全国各地で営業をしており、平日の昼間から遊ぶことが出来ます。さらに、カジノ目的で韓国まで足を運ぶ方も少なくありません。そのため、そういった方がカジノに流れ込むことが考えられるのです。そのため、政治家や国はギャンブル依存症対策も考えなければなりません。

当サイトから会員登録すると無料で遊べるボーナス(30ドル)プレゼント中!