アメリカのオンラインカジノ禁止法見直し

今、当サイトから会員登録するだけで3,000円プレゼント中!

日本でギャンブルをするのであれば競馬や競輪、パチンコ、パチスロなどがあります。しかし、ギャンブルファンにとってポーカーやルーレット、ブラックジャックなどがプレイ出来る、カジノにあこがれがあることでしょう。日本にはカジノがありませんが、カジノ倶楽部ジャパン「カジクラ(CasiQura)」などのオンラインカジノでプレイが出来ます。ラスベガスで知られたアメリカにおいて、こういったカジノはプレイ出来るのでしょうか。

アメリカのオンラインカジノ禁止法見直し

オンラインカジノとはネット上に再現されたカジノをプレイするものです。サーバーが海外に置かれていることから、カジノが認められていない日本からでもプレイすることが出来ます。

さらに、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末からでもプレイ出来るため、世界中のギャンブルファンがカジノを楽しんでいますが、かつてのアメリカではオンラインでのカジノを禁止するという法律が制定されました、しかし、禁止法があったにも関わらず現在は見直しが進められています。しかし、このカジノ禁止法の見直しは世界中の法律に影響を与えると考えられるでしょう。

もちろん、日本でも賭博罪がありますので、一般的なカジノを運営することは出来ません。しかし、オンラインであれば胴元であるサーバーが海外にあるため、胴元に対して賭博罪が適用されません。賭博罪は胴元と張子がいなければ適用されませんので、日本ではグレーゾーンという扱いです。

アメリカのオンラインカジノ合法化

ラスベガスという世界的に知られたギャンブル都市があることから、ギャンブルに対する規制が緩いイメージがあることでしょう。しかし、オンラインカジノに対しては厳しい対応を行っており、プレイが禁止されていました。しかし。2012年にはそれまで違法だったカジノに対して、州によっては合法化への動きが見られるようになったのです。

特にオンラインでのギャンブルとして大手の存在だったポーカースターズが、ニュージャージー州に認可されたのです。ニュージャージー州はポーカースターズを認可したことにより、約1億ドル(約120億円)の税収を得ました。この税収はニュージャージー州の面積に対して大きい市場規模とは言えませんが、何よりもポーカースターズが認可されたことに意味があるのです。そのため、今後ほかの州でも合法化が進むのではないかと考えられています。

再び合法化になった経緯

オンラインカジノはそもそもヨーロッパで始まったもので、身近なギャンブルのひとつとなっています。カジノの最大のメリットと言えば税収でしょう。オンラインでもゲーミング税が発生することから、大きな税収が見込めるのです。

これはアメリカでも同様のことが考えられており、ゲーミング税のために合法化が進んでいると考えられます。現在はそれほど大きい市場ではありませんが、今後合法化が進むことで大きな市場になることでしょう。

オンラインカジノ合法化の波はアメリカ全土に広がるのか

ニュージャージー州においてオンラインポーカーである、ポーカースターズが認可されました。これまで違法とされていたオンラインカジノですが、これが認可されたことによって大きな変化が生まれると考えられています。

また、この流れによってカリフォルニア州でも動きが見られており、ポーカースターズ認可への流れがあります。こういったオンラインでのギャンブルを支持する立法者が登場し、合法化になる可能性も考えられるのです。カリフォルニア州はギャンブルに対して比較的緩い考えを持った州ですが、これからほかの州でも動きが見られることでしょう。