稼いだお金の確定申告の方法

今、当サイトから会員登録するだけで3,000円プレゼント中!

日本に居ながらにして本格的なカジノが楽しめるオンラインカジノが人気です。中にはこういったカジノで大金を稼ぐケースも存在しています。カジノで大金を稼ぐことは喜ばしいことですが、こういったカジノでの支払金には税金が発生するのでしょうか。法律的な問題は一般の方にとって分からないことが多く、誰もが気になってしまうもの。そのため、こちらではカジノで稼いだお金の確定申告について解説致します。

稼いだお金の確定申告の方法

日本で生活をしているのであれば、誰もが納税の義務を背負っています。税金が発生する場面は非常に多く、お金が動く際にはほとんど税金が発生するとかんがえましょう。現在、カジノ倶楽部ジャパン「カジクラ(CasiQura)」に代表される、オンラインカジノというサービスが注目されています。こういったカジノはインターネットを経由してギャンブルを楽しむサービスで、大金を稼ぐことが可能です。そのため、税金も発生してしまいます。

競馬や競輪、パチンコ、パチスロでも大金を稼ぐことは可能ですが、これらのギャンブルでも税金が発生しています。しかし、これらのギャンブルに勝って税金を納めたことのある方はいないでしょう。本来は納税の義務があるのですが、金融機関に証拠が残らないので税務署が把握出来ないのです。そのため、納税しないケースがほとんどなのです。

しかし、オンラインカジノでは銀行振込によって支払金を受け取りますので、税務署が把握出来るのです。そのため、こういったカジノをプレイするのであれば、確定申告のやり方を知っておく必要があります。

確定申告の際に必要なもの

勤務している会社によっては会社が確定申告をしてくれる場合がありますので、未経験の方は多いことでしょう。納税には書類などが必要になりますが、具体的にどういったものが必要になるのでしょうか。

何よりも大切なものは源泉徴収票です。これは勤務先の会社からの源泉徴収票で、年末年始ごろに会社から受け取ることが出来ます。そして、オンラインカジノからの支払調書も必要になるので、受け取りましょう。こちらの支払調書も年末年始ごろになればもらうことが出来ます。そして、300万円以上の所得があった場合は経費の領収書が必要になりますが、所得が300万円以下であれば必要ありません。

申告に必要な書類は税務署のホームページから入手することが出来ます。初めての方はインターネットなどで調べて記入しましょう。それでも分からない場合は税務署に相談をしてください。

手続きの方法

課税対象になる時期は決められており、1月1日から12月31日までの所得が課税対象です。その所得に対する納税は翌年に行います。

住んでいるエリアには必ず税務署がありますので、そちらに足を運んで納税をしましょう。初めての方は分からないことが多いので、必ず相談をしてください。

確定申告時の注意点

税務署に出向いて手続きを行いますが、その期間は決められています。2月16日から3月15日となっていますが、時期によって非常に込み合うので注意しましょう。最初の週は「早めに済ませよう」と考える方が集中するので、どうしても混み合ってしまいます。逆に最終週は駆け込みの方が多いので混んでしまうのです。そのため、それ以外のタイミングをおすすめします。

具体的な時期としては2月下旬から3月上旬です。特に初めての方は税務署に質問したいことも多いことでしょう。そのため、このタイミングを利用して質問するようにしてください。

また、カジノで勝ったプレイヤーの全員が納税をするわけではありません。給与以外に20万円以上の収入があった場合だけです。さらに、50万円までの特別控除額が設定されているので、実際は70万円以上の収入があった場合だけ納税しなければなりません。