オンラインカジノのライセンス

今、当サイトから会員登録するだけで3,000円プレゼント中!

インターネット上には、カジノ倶楽部ジャパン「カジクラ(CasiQura)」に代表されるオンラインカジノサイトが存在しますが、まだまだ一般的なサービスとは言えません。しかし、ネット上のバナー広告などを見て興味を持つ方は多いことでしょうが、どれほど信頼出来るサービスなのか判断出来ないことでしょう。それでは、どのようにして信頼性を見極めたら良いのでしょうか。

国際ライセンスを取得済

カジクラ(カジノ倶楽部ジャパン)は、Kahnawake(カナワケ)のライセンスによりオンラインカジノを運営しています。Kahnawake(カナワケ)は世界で最も人気のあるオンラインゲームの規制当局の一つ、Kahnawakeの賭博委員会(KGC)のホームです。

Kahnawake(カナワケ)の設立は、1996年で彼らは信頼性と責任面でカジノ側ががプレイヤー達に完全なプロのレベルのサービスを提供できる事を可能にしています。現在およそ40ものオンラインカジノサイトがKahnawakeの賭博委員会のライセンスを所持しています。もちろん、カジクラ運営に必要なフィリピン共和国政府発行のオンラインゲーミングライセンスを取得し、合法的且つ健全な運営を目的としております。

オンラインカジノのライセンス

世界中には2000以上ものオンラインカジノが存在すると言われていますが、その中には安全性の無い悪質なサイトも存在しているのです。利用するには住所氏名、クレジットカード番号などの個人情報を登録しなければなりませんので、いくらこういったサービスに興味があったとしても、信頼出来ないサイトでは怖くて利用が出来ません。

そこで、安全性を見極める方法として国際ライセンスの有無があります。こういった運営許可を得ているサイトは、安全性が確保されている証明なのです。

こういった運営許可を得るには厳格な審査が行われており、十分な運営資金を持っているか、十分な運営能力を持っているか、暴力団やマフィアなど反社会的勢力との関わりが無いか、公平なカジノソフトウェアを使用しているか、などの条件をクリアすることで初めて運営が許可されるのです。

発行している国よって違ってくる信頼性

オンラインカジノとは世界中からアクセスがありますので、ライセンスを発行している国も数多く存在しています。こういった運営許可を出すことでゲーミング税という税収がありますので、国にとってメリットもあるのです。

しかし、中にはゲーミング税目当てに運営許可を出して、十分な安全性が確保されていない場合もあります。そのため、運営許可を出す国によって信頼性はバラバラなのです。それでは、どういった国の政府であれば信頼性があるのでしょうか。

最も信頼性が高いとされているのはジブラルタル政府です。ジブラルタルとはイギリスの海外領土で、ジブラルタル海峡にあります。数多くのサイトがジブラルタル政府から運営許可を得ており、ゲーミング税はGDPの15%を占めているのです。そのほかにオランダの海外領土であるキュラソーでも多くのサイトに許可を出しています。

これらの国は高い信頼性を誇っていますが、審査が厳しいので許可を得ることは大変です。逆にコスタリカやパナマでも運営許可を出していますが、審査が甘いので信頼性は低くなってしまいます。

ライセンスの意味合いとは

国から運営許可を得るにはさまざまな審査をクリアしなければなりません。そのため、運営許可を得ているということは、プレイヤーが安心してカジノを楽しめるサイトであることの証明なのです。さらに、こういった審査は定期的に行われているので、長きに渡って運営を続けているサイトは信頼性が高いと考えてよいでしょう。

こういった定期的な審査がクリア出来ない場合は運営許可を剥奪されてしまいます。しかし、中には運営許可が剥奪されたにも関わらず営業を続ける悪質なサイトも存在するのです。

運営許可の無いまま営業を行なう悪質サイトでは、払戻金の不払い、カジノソフトウェアの不正、個人情報の漏洩などを行っています。そのため、政府からの運営許可を得ているか確認をしましょう。

ライセンスを審査している団体について

いくら国から運営許可を得ていたとしても、その許可そのものにも審査が行われているのです。こういった審査を行なう団体はいくつか存在しており、代表的なものはeCOGRAでしょう。こちらはロンドンに本拠地を置く独立非営利期間で、公平な運営がされているか審査を行っています。

そのほかに、カナダの本拠地を置くTSTも世界的に知られています。オンラインカジノだけでなくラスベガスのカジノの審査や宝くじの審査なども行っている機関です。