日本でのオンラインカジノは合法?

今、当サイトから会員登録するだけで3,000円プレゼント中!

日本には競馬や競輪、オートレースなどのギャンブルが認められていますが、カジノは認められていません。そのため、いくらネット上だったとしても、カジノ倶楽部ジャパン「カジクラ(CasiQura)」などのオンラインカジノは合法なのでしょうか。こういったサービスがいくら魅力的だったとしても、法に触れるものでは手が出せません。カジノが認められていない日本において、こういったサービスは問題無いのでしょうか。

日本でのオンラインカジノは合法?

日本でのオンラインカジノは賭博罪に触れるため、違法行為になってしまいます。そのため、誰もが避けたくなるものですがそのようなことはありません。パチンコやパチスロも厳密には賭博罪に触れてしまいますが、これらのギャンブルをしたことで逮捕されたという話しを聞いたことは無いでしょう。これは、三店方式というシステムを採用することで賭博罪を避けているのです。

パチンコとパチスロは景品を受け取ったら、それを別のお店に買い取ってもらうことで現金化しています。そのため、賭博罪に触れないのです。

パチンコとパチスロはこういった三店方式という法律の抜け穴を利用しています。これはオンラインカジノでも同様のことが行われており、日本でも賭博罪に触れずにプレイ出来るのです。

日本国内のサーバー上のオンラインカジノは合法ではない

日本国内で賭博罪に触れずにギャンブルをするのであれば、日本に胴元を置いてはいけません。賭博罪とは胴元と張子の両者を捕まえることで成立する法律です。そのため、日本に居ながらにしてギャンブルをするのであれば、胴元を国外に置けば賭博罪に触れません。

この法律の抜け穴を利用したのがオンラインカジノです。こういったサービスでは海外にサーバーを置いています。そのため、日本国内に居ながらプレイをしたとしても、賭博罪に触れることがありません。これは、マカオやラスベガスに旅行をしてカジノを楽しむことと同様なのです。もちろん、こういったカジノのサーバーが設置されているのは、カジノが法律的に認められた国です。

オンラインカジノがグレーゾーンにある現状

日本国内からでも海外のサーバーを利用することで、カジノを楽しむことが出来ます。しかし、あくまでこれは法律の抜け穴を利用しているに過ぎません。そのため、どのようなタイミングで改正が行われ、違法になることも考えられるのです。

パチンコやパチスロは三店方式にすることで法律をすり抜けていますが、この三店方式は常に問題にされています。そのため、法律的にはグレーゾーンと言えますが、パチンコやパチスロは私たちの生活に馴染んでいることから摘発することは困難です。しかし、こういったカジノはそれほど馴染んでいないことから、取り締まることは比較的簡単でしょう。そのため、こういったカジノを楽しもうと考えているのであれば、法律がどのように改正されるか日々チェックをしておきましょう。

IR法案が成立しても?

IR法案とは統合型リゾート施設の建設を推進するための法案です。統合型リゾート施設とはホテル、ショッピングモール、アミューズメントパーク、レストランなどの施設を一体化したリゾート施設で、そこにはカジノが含まれています。日本では2020年の開催される東京オリンピックに合わせ、カジノをオープンさせるためにIR法案が立ち上げられたのです。しかし、IR法案は非常に慎重に行われていることから、2020年に日本国内でカジノをオープンさせることは間に合わないでしょう。

IR法案はギャンブル依存症やマネーロンダリングなどの問題があることから、慎重に話し合いが行われています。しかし、現在の日本においてオンラインカジノは賭博罪に触れませんがグレーゾーンです。そのため、こういったネット上のカジノも問題視されることでしょう。今後IR法案が成立しても、こういったカジノが違法になる可能性もあるのです。